ホクロ切除の話切除しての感想&手術した理由

まずは病院の話

私が切除した病院は良くも悪くもとにかくマニュアル化されていて、経験があるんだなーという安心感はとてもあり良かったです。

でも初めてやるにしては説明が少なく、淡としていてそういう意味での信頼感や安心感はなかったです。

術後もわからないなと思うことは多あり、その度に自己流でいっかと思うようにやってるので、きちんと都度相談できるような自分が信頼できる病院にした方がいいと思います。

私は2軒病院まわっただけで面倒くさくなって最低限の条件はクリアしてるし一軒目より安いからと思って決めてしまいました(;)

条件面は別の記事にも書いてるのでよかったら見てください。

手術する前に考えていたこと

手術をすると決める前に、いろんなホクロ切除のブログを読みました。

クレーターのようになってしまった、

傷跡が残った

というような話もありました。

ある方のブログにホクロを本当になくしたいのか?綺麗さっぱりなくなるのではなく、傷跡が残ってしまったとしても手術したいのか?を考えてから手術に踏み切った方がいいというようなことが書かれていました。

ホクロのままの自分vs傷跡姿の自分

です。

その方は最初の手術で失敗して跡が残り、結局3回ぐらい傷跡を治す手術も含めてすることになったようで、この記事にはとても影響を受けました。

私自身、本当は顔の前面にある大きなホクロを取りたいと思っていたのです。

しかも軽くレーザーでパチッとやったら取れるんでしょ?ぐらいに思ってました。

その方の記事を読んで、

この顔の前面にあるホクロを最初に取るのはやめよう

と思い、耳元にあるホクロで試す意味も込めて手術をしました。

しかし、耳元にあるホクロの方は

数年前に液体が出てきて皮膚科に行ったものの何も検査もしてもらえず塗り薬をもらっただけという過去があったので、ちゃんと病理検査してもらって悪いやつじゃないか知りたいと思っていたので、

ちゃんと病理検査してくれる病院というのも手術する病院を決める条件に入っていました。

実際最初に行った美容外科では検査してくれないとのことでやめました。(金額もとてもお高かったです)

話を戻して、

手術の前の説明でも

一本白い線が残りますとは説明を受けていたので、あー、あの人のブログで言ってた通りだと思いました。

幸い私は髪に隠れる部分だったので決意して手術をしましたが、

一人暮らしをしていたのもあり、親世代はちょっと古い考えの部分もあるので家族には未だに言ってません。

本人が気にしてるだけで家族は言ったとしても実際はなんともない反応なのかもしれませんが。

なので、お試し受験のようなこの耳元のホクロが治りきって白い一本線になるまでは次のホクロ除去はしない予定です。

顔前面のホクロも同様の大きさなので切除手術になるだろうし、まだ赤い状態なので前面でやったら絶対バレバレだなと思うのでそもそもするかどうかも不明ですが

長くなりましたが、

今日はこの辺で。ホクロ除去を考えてる方は是非色んな方のブログを読むことをオススメします。