美しくやさしくあたたかく見ていたい その2 - <おでいげ>においでおいで

江南よろし/風景はもとより嘗て諳んず/日出(い)ずれば江花の紅なること、火に勝(まさ)り、春来れば江水の緑なること、藍の如し/能(よ)く江南を憶(おも)はざらんや